手作り酵素ドリンクで失敗しないためには?

酵素ドリンクダイエットが流行った背景には、サプリメントに頼らず自然食品によって痩せられるからということもありますが、それと同じくらい、とても手軽に作ることができるから、ということもあるそうですね。

なんでも、用意するものは、好きな野菜か果物、そして、その1.1倍の量の砂糖だけで良いのだとか。こんなに材料が少なくて済むなら、確かに手軽ですね。

しかし、材料が少ない反面、意外と失敗してしまうケースも多いそうです。どのように失敗するのかと言うと、途中でドリンクにカビが生えてしまうみたいです。

しかも、カビが少しでも生えてしまうと、その胞子や菌は容器内部全域に及んでいる可能性が高いため、基本的に全部捨てるしかないのだとか。これはもったいないと思います。

そのような失敗をしないためには、どうすれば良いのでしょうか?

まず、蓋を固く締めるのはNGで、ゴミや埃が入らない程度に、ガーゼを被せる程度に留めるべきだそうです。

なぜなら、酵素ドリンクを作る過程で必要不可欠の発酵には、酵母菌が呼吸できていることが必須条件だからです。そのため、途中でカビが生えて失敗しないためには、酵素ドリンクを、カビ菌のいない清潔で通気性の良い場所で保管するのが大切とのことでした。

サブページ