ファスティングダイエットで重要なのは回復食!

ファスティングダイエットをしたのに、結局すぐに体重が戻るどころか、寧ろリバウンドして逆効果だった、というケースは多々あるそうです。
その場合、そもそもファスティングになっていなかったとも言えそうです。

ただの断食とは違うので、工夫が必要なのがファスティングです。

やはり、食べないことで体重を無理して減らしても、結局は意味が無いのでしょうか?

しかし、実際はファスティング後の食事、つまりは回復食に関してちょっと気を付けるだけで、リバウンドを防ぐと共に減った体重もキープできるそうなんです。

では、ファスティング後の回復食は、どのような感じで作れば良いのでしょうか?

まず、日数の設定ですが、最低でもファスティング期間と同じくらいか、できれば2~3日多めにとるのが適切だそうです。

そのようにして、ファスティング中に運動が低下した消化器官の働きをゆっくり戻さなければ、摂取した食べ物が脂肪として蓄積しやすくなってしまうからです。また、その関係上、満腹までは食べず腹八分目にまで留めたり、最初の内は固形物を避け、なるべく消化しやすい汁物や重湯、豆腐、納豆などから始めたりすべきとのことでした。

となると、ファスティング中よりも、ファスティング後の方が、気を付けるべき点は多いように思えます。イメージしていたよりも、ファスティングダイエットは難しいということが分かりました。

サブページ